男女

税理士の力で節税する|確定申告が楽になります

専門家に任せよう

相談

身内が亡くなると、その人が所有していた財産を遺族に分配する必要がありますが、遺族間トラブルの中で相続に関する問題が一番多くなっています。故人の遺言を元にして財産を分けようとしても色々な物言いがついてなかなか上手く進まない場合もあります。そのため、財産分与をするときは相続に強い弁護士に相談すると良いでしょう。実は、相続問題を迅速に解決できる弁護士はたくさんいて、依頼することで遺族間の不必要なトラブルを未然に防ぐことができます。弁護士を選ぶ基準として、年間の相続問題解決の実績が20件以上あるという点が挙げられます。この時、弁護士事務所に在籍しているスタッフの人数と照らし合わせながら、担当密度が濃いか確認しましょう。人数が少ない事務所で年間20件以上の依頼があるのなら、1人が担当する依頼の密度が濃いことになるので、その分実力もあると判断できます。

相続トラブルを解決できる弁護士の探し方として年間の実績数以外にも、費用の説明の有無や対応の速さにも着目しましょう。弁護士に相談するとき、一番気になる点が費用です。多くの人が弁護士費用は高くなると不安を抱えているはずなので、その不安を解消するためにしっかりと全体的な費用を明確に説明してくれる弁護士なら信頼できるでしょう。さらに、トラブルを抱えている相談者は相談後に弁護士からのレスポンスが早いと、自分の案件にきちんと対応してくれているという安心感を得られます。そのため、問い合わせメールを送って12時間、最低でも一日以内には返信がある弁護士事務所に相談しましょう。